メッセージの処理方法の設定 - 7.2

JMS (メディエーション)

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > JMSコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > JMSコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > JMSコンポーネント(メディエーション)

手順

  1. cMQConnectionFactoryコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. cMQConnectionFactoryコンポーネントをプロデューサールートと同じように設定します。
  3. jmsConsumerコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  4. jmsConsumerコンポーネントをプロデューサールート内のjmsProducerコンポーネントと同じように設定して、定義されたキュー"quartzTest"内のメッセージを消費します。
  5. logMessageコンポーネントをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  6. URIフィールドに"log:quartzMessage"と入力します。ここに、メッセージ交換が記録されます。
  7. [Ctrl] + [S]を押してジョブを保存します。