プロパティファイルでWebSphere MQネイティブサーバーへの接続を設定する - 7.2

JMS (メディエーション)

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > JMSコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > JMSコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > JMSコンポーネント(メディエーション)

WebSphere MQネイティブサーバーへの接続は、プロパティファイル内からでも設定できます。ホスト名、ポート、およびチャネルがコンポーネントフィールドで指定されていない場合、コンポーネントはクラスローダーからmq.propertiesファイルをロードします。mq.propertiesの例は以下のとおりです。

default.hostname=localhost
default.port=7777
default.channel=QM_TEST.SVRCONN

mq.propertiesには、複数のMQキューマネージャー定義を含めることができます。形式は以下のとおりです。

name.hostname
name.port
name.channel

上記で、nameはキューマネージャー名です。たとえば、mq.propertiesファイルには以下を含めることができます。

default.hostname=localhost
default.port=7777
default.channel=DEFAULT.SVRCONN
test.hostname=localhost
test.port=7778
test.channel=QM_TEST.SVRCONN

mq.propertiesは、オプションのuserIDpassword、およびCCSIDプロパティもサポートしています。これらは認証にのみ必要です。例:

default.hostname=localhost
default.port=7777
default.channel=DEFAULT.SVRCONN 
default.userID=mqm
default.password=mqm
default.CCSID=1208

mq.propertiesを呼び出すには、Dependenciesテーブルに追加します。

このコンポーネントを含むルートがランタイムにデプロイされている場合、コンポーネントはmq.propertiesファイルを<TalendRuntimePath>/container/etcフォルダーから呼び出します。

コンポーネントフィールドでWebSphere MQネイティブサーバーへの接続を指定する方法の詳細は、cMQConnectionFactoryを参照してください。