データベーステーブルからデータを抽出し、LDIFファイルに書き込む - 7.2

LDIF

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > LDIF
データガバナンス > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > LDIF
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > LDIF

手順

  1. tMysqlInputをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Host] (ホスト)[Port] (ポート)[Database] (データベース)[Username] (ユーザー名)、および[Password] (パスワード)の各フィールドにMySQLデータベース接続の詳細を入力します。
  3. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップウィンドウで、すべてのString型のdnid_ownersregistrationmakeの4つのカラムを追加してスキーマを定義します。
  4. [Table Name] (テーブル名)フィールドに、データが書き込まれるテーブルの名前を入力します。このサンプルでは、ldifdataです。
  5. [Guess Query] (推測クエリー)ボタンをクリックして、[Query] (クエリー)フィールドに自動生成クエリーを入力します。
  6. tFileOutputLDIFをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  7. [File Name] (ファイル名)フィールドで、生成するLDIFファイルのパスを参照するか、入力します。このサンプルでは、E:/out.ldifです。
  8. [Change type] (タイプの変更)リストから[Add] (追加)を選択します。
  9. [Sync columns] (カラムの同期)をクリックして、先行のコンポーネントからスキーマを取得します。