コンポーネントと接続を設定する - 7.2

Load Balancer (メディエーション)

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > ロードバランサーコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > ロードバランサーコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > ロードバランサーコンポーネント(メディエーション)

手順

  1. cFileコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic Settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Path] (パス)フィールドでメッセージソースへのファイルパスを指定します。
  3. [Encoding] (エンコーディング)リストから、メッセージファイルのエンコーディングタイプを選択します。その他のパラメーターはそのままにしておきます。
  4. cLoadBalancerコンポーネントをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開き、使用する負荷分散メソッドを[Strategy] (戦略)リストから選択します。このシナリオでは、デフォルトの[Round robin] (ラウンドロビン)メソッドを使います。
  5. To_Receiver_Aという名前のcJavaDSLProcessorコンポーネントをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開き、[Code] (コード)エリアで最初のレシーバーのURIを二重引用符で囲んで入力します。この例ではdirect:aです。
    このステップを繰り返して、もう1つのレシーバー、direct:bのURIを、To_Receiver_Bという名前のcJavaDSLProcessorコンポーネントで定義します。
  6. Receiver_Aという名前のcMessagingEndpointコンポーネントをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開き、URIフィールドで最初のレシーバーのURIを二重引用符で囲んで入力します。この例ではdirect:aです。
    このステップを繰り返して、もう1つのレシーバー、direct:bのURIを、Receiver_Bという名前のcMessagingEndpointコンポーネントで定義します。
  7. Monitor_Aという名前のcProcessorコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic Settings] (基本設定)ビューを開き、[Code] (コード)エリア内のコードをカスタマイズして、Receiver_Aにルーティングされたメッセージのファイル名をコンソールに表示します。
    System.out.println("Message on Receiver_A: "+
    exchange.getIn().getHeader("CamelFileName"));
    このステップを繰り返して、Monitor_Bという名前のcProcessorコンポーネント内のコードをカスタマイズし、Receiver_Bにルーティングされたメッセージのファイル名をコンソールに表示します。
  8. [Ctrl] + [S]を押してジョブを保存します。