cLoadBalancerの標準プロパティ - 7.2

Load Balancer (メディエーション)

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > ロードバランサーコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > ロードバランサーコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > ロードバランサーコンポーネント(メディエーション)

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているcLoadBalancerを設定するために使います。

Standard cLoadBalancerコンポーネントはRoutingファミリーに属しています。

基本設定

[Strategy] (戦略)

[Random] (ランダム)[Round Robin] (ラウンドロビン)[Sticky] (スティッキー)[Topic] (トピック)[Failover] (フェイルオーバー)[Custom] (カスタム)から選択します。それぞれの方法について以下に説明します。

ランダム

受信エンドポイントは、各交換でランダムに選択されます。

[Round Robin] (ラウンドロビン) メッセージは、負荷を均等に分散するラウンドロビン方式に従って分散されます。

[Sticky] (スティッキー)

[Language] (言語): メッセージの配信のために[Expression] (式)フィールドで使う式の言語を以下から選択します: [None] (なし)Bean[Constant] (定数)CorrelationIDELGroovy[Header] (ヘッダー)JavaScriptJoSQLJSonPathJXPathMVELOGNLPHP[Property] (プロパティ)PythonRubySimpleSpELSQLXPathXQuery

言語を使って式を作成する方法の詳細は、http://camel.apache.org/languages.htmlをご覧ください。

[Expression] (式): 選択するエンドポイントを決定するコリレーションキーの計算に使う式を入力します。

トピック

すべてのメッセージをすべてのエンドポイントに送信するには、このオプションを選択します。

[Failover] (フェイルオーバー)

[Basic mode] (基本モード): デフォルトでは、フェイルオーバー負荷分散は常に最初のエンドポイントにメッセージを送信します。最初のエンドポイントが失敗した場合、メッセージは後続のエンドポイントに送信されます。

[Specify exceptions] (例外の指定): [Exception] (例外)テーブルで、フェイルオーバーが反応する例外を指定します。

[Use with Round robin] (ラウンドロビンで使用): 詳細オプションでフェイルオーバーを使うには、このオプションを選択します。

[Maximum failover attempt] (フェイルオーバーの最大試行回数)リストから、転送を中止する前に続行する試行回数を選択します。

-[Attempt forever] (試行を継続): 常にメッセージの転送を試み、常にフェイルオーバーを試みます。

-[Never failover] (フェイルオーバーを行わない): メッセージの転送を即座に中止し、フェイルオーバーを試みません。

-[A number of attempts] (試行回数): メッセージの転送をn回試行します。その数字を[Number of attempts] (試行回数)フィールドで指定します。

[Inherit error handler] (エラーハンドラーの継承): Camelエラーハンドラーを使う場合は、trueを選択します。falseを選択した場合、ロードバランサーは例外がスローされた時にすぐにフェイルオーバーします。

[Use Round robin] (ラウンドロビンを使用): フェイルオーバーとラウンドロビンを組み合わせる場合は、trueを選択します。ラウンドロビンモードによるフェイルオーバー負荷分散は、サービス間で負荷を均等に分散し、自動フェイルオーバーを提供します。

Custom (カスタム)

[Load balancer] (ロードバランサー): カスタムロードバランサーの名前を入力します。

使用方法

使用ルール

cLoadBalancerは、ルート内の中間コンポーネントとして使います。

[Connections] (接続) [Load Balance] (負荷分散): 選択した負荷分散戦略に従ってメッセージを次のエンドポイントにルーティングするには、このリンクを選択します。
  [Route] (ルート): すべてのメッセージを送信者から次のエンドポイントにルーティングするには、このリンクを選択します。

制限事項

 該当せず