cIntercept - 7.2

Logs and errors (メディエーション)

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ログおよびエラーコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > ログおよびエラーコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ログおよびエラーコンポーネント(メディエーション)

各メッセージサブルートをインターセプトし、元のサブルートを変更せずにそれを別のサブルートにリダイレクトします。この迂回が完了すると、元々意図されていたターゲットエンドポイントへのメッセージルーティングが続行されます。これは、テスト時にエラー処理をシミュレートするのに役立ちます。

詳細は、Apache Camelのドキュメンテーションhttps://camel.apache.org/components/latest/eips/intercept.htmlを参照してください。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talend Mediationコンポーネントを参照してください。