例外処理のためにcTryを使ってTry/Catch/Finallyブロックをビルド - 7.2

Logs and errors (メディエーション)

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ログおよびエラーコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > ログおよびエラーコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ログおよびエラーコンポーネント(メディエーション)

このシナリオは、Talend Open Studio for ESB、Talend ESB、Talend Data Services Platform、Talend MDM Platform、Talend Real Time Big Data Platform、Talend Data Fabricのみに適用されます。

Talendがサポートしているテクノロジーの詳細は、Talend Mediationコンポーネントを参照してください。

このシナリオでは、メッセージの送信者から受信者に送信される各ファイルのコンテンツがチェックされ、コンテンツ要件を満たさないファイルがある場合は、例外がスローされ、関連する情報がコンソールに表示されます。