cMailを使ってメールを送受信する - 7.2

Mail (メディエーション)

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > メールコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > メールコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > メールコンポーネント(メディエーション)

このシナリオは、Talend Open Studio for ESB、Talend ESB、Talend Data Services Platform、Talend MDM Platform、Talend Real Time Big Data Platform、Talend Data Fabricのみに適用されます。

Talendがサポートしているテクノロジーの詳細は、Talend Mediationコンポーネントを参照してください。

このシナリオには2つのルートが含まれています。最初のルートはメールを送信し、2番目のルートはそれを受信します。

次に、メールを送信するルートをビルドします。

上記のように、メールは正しく送信されました。

次に、メールを受信するルートをビルドします。