tMarkLogicConnection標準プロパティ - 7.2

MarkLogic

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > MarkLogic
データガバナンス > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > MarkLogic
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > MarkLogic

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtMarkLogicConnectionを設定するために使います。

Standard tMarkLogicConnectionコンポーネントはビッグデータファミリーとデータベースNoSQLファミリーのコンポーネントです。

このフレームワーク内のコンポーネントは、ビッグデータ対応のTalend 製品すべて、およびTalend Data Fabricで使用できます。

基本設定

[Property Type] (プロパティタイプ)

[Built-In] (組み込み)または[Repository] (リポジトリー)のいずれか。

  • [Built-In] (組み込み): プロパティデータは一元的に保存されません。

  • [Repository] (リポジトリー): プロパティが保管されるリポジトリーファイルを選択します。続くデータベース接続フィールドは、取得されたデータを使用して自動的に入力されます。

Host (ホスト)

MarkLogicサーバーのIPアドレスまたはホスト名を入力します。

[Port] (ポート)

MarkLogicサーバーのリスニングポート番号を入力します。

[Database] (データベース)

使うMarkLogicデータベースの名前を入力します。

Username (ユーザー名)Password (パスワード)

MarkLogicデータベースにアクセスするためのユーザー認証データを入力します。

パスワードを入力するには、パスワードフィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにパスワードを二重引用符の間に入力し、[OK] をクリックして設定を保存します。

[Authentication Type] (認証タイプ)

リストからDIGESTまたはBASICのいずれかの認証タイプを選択します 。認証のタイプの詳細は、http://docs.marklogic.com/guide/security/authentication#id_56266を参照してください。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、ジョブレベルおよび各コンポーネントレベルでジョブ処理メタデータが収集されます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントは一般に、他のMarkLogicコンポーネントと共に使います。