tMDMReceive標準プロパティ - 7.2

MDM event processing

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
Module
Talend MDM Server
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMイベント処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMイベント処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMイベント処理コンポーネント

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtMDMReceiveを設定するために使います。

Standard tMDMReceiveコンポーネントはTalend MDMファミリーのコンポーネントです。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

基本設定

[Property Type] (プロパティタイプ)

[Built in] (組み込み)または[Repository] (リポジトリー)

 

[Built-In] (組み込み): プロパティデータは一元的に保存されません。

 

[Repository] (リポジトリー): プロパティが保管されているリポジトリーファイルを選択します。次のフィールドは、取得したデータを使用して自動的に完了されます。

Schema (スキーマ)およびEdit schema (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明で、処理された後に次のコンポーネントに渡されるフィールドの数を定義するものです。スキーマは組み込まれるか、リポジトリーにリモートで保存されます。

スキーマを変更するには[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックします。現在のスキーマがリポジトリータイプの場合は、3つのオプションを使用できます。

  • [View schema] (スキーマの表示): スキーマのみを表示する場合は、このオプションを選択します。

  • [Change to built-in property] (組み込みのプロパティに変更): ローカルで変更を行うためにスキーマを組み込みに変更する場合は、このオプションを選択します。

  • [Update repository connection] (リポジトリー接続を更新): リポジトリーに保存されているスキーマに変更を加え、変更後にそのコンテンツをすべてのジョブにプロパゲートするかどうかを決める場合は、このオプションを選択します。変更を現在のジョブにのみ反映する場合は、変更後、[No] (いいえ)を選択し、[Repository Content] (リポジトリーのコンテンツ)ウィンドウで再びこのスキーマのメタデータを選択します。

 

[Built-in] (組み込み): スキーマは、このコンポーネント専用に作成され、保管されます。関連項目: Talend Studioユーザーガイドを参照してください。

 

[Repository] (リポジトリー): スキーマは既に存在し、リポジトリーに保管されています。さまざまなプロジェクトやジョブで再利用できます。関連項目: Talend Studioユーザーガイドを参照してください。

XMLレコード

MDMサーバーに行われた最後の変更を取得できるようにするコンテキストパラメーターを入力します。コンテキストパラメーターの作成と使用については、 Talend Studioユーザーガイドを参照してください。

XPATHプレフィックス

必要に応じて、プレフィックスとループxpathの連結であるループxpath式をリストから選択します。

/item: コンポーネントがプロセスからレコードを受信する場合は、このxpathプレフィックスを選択します。プロセスはアイテムエレメント内でのみレコードをカプセル化するからです。

/exchange/item: コンポーネントがトリガーからレコードを受信する場合は、このxpathプレフィックスを選択します。トリガーは、交換エレメント内にあるアイテムエレメント内にレコードをカプセル化するからです。

ループXPathクエリー

ループの基礎となっているXML構造ノードを設定します。

Mapping (マッピング)

[Column] (カラム): [Edit schema] (スキーマを編集)エディターで定義されているスキーマを反映します。

[XPath query] (XPathクエリー): 入力XML構造から抽出するフィールドの名前を入力します。

[Get Nodes] (ノードを取得): データと一緒にXMLノードを取得するには、このチェックボックスをオンにします。

[Limit] (制限)

処理される行の最大数。[Limit] (制限) = 0の場合、行の読み取りや処理は行われません。

[Die on error] (エラー発生時に強制終了)

このチェックボックスはデフォルトで選択されています。エラーの発生した行をスキップし、エラーが発生していない行の処理を完了するには、このチェックボックスをオフにします。必要に応じて[Row] (行) > [Reject] (リジェクト)リンクを使ってエラー発生時に行を取得できます。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、ジョブレベルおよび各コンポーネントレベルで処理メタデータが収集されます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

NB_LINE: 処理された行の数。これはAfter変数で、整数を返します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントを開始コンポーネントとして使います。出力フローが必要です。