コンテキスト変数を定義する - 7.2

MDM event processing

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
Module
Talend MDM Server
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMイベント処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMイベント処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMイベント処理コンポーネント

手順

  1. [Contexts] (コンテキスト)タブで、[+]ボタンをクリックして変数を1つ追加し、exchangeMessageという名前を付けます。
  2. [Value] (値)フィールドに変数値を入力します。
    XMLレコードは特定のスキーマに準拠する必要があります。スキーマの詳細は、 Talend Studioユーザーガイドで、MDMプロセスでジョブを呼び出すために使うプロセスとスキーマの説明を参照してください。
    以下は、更新レポートにあるXMLレコードのサンプルです。
    <exchange xmlns:mdm="java:com.amalto.core.plugin.base.xslt.MdmExtension">
    <report>
    <Update>
    <UserName>administrator</UserName>
    <Source>genericUI</Source>
    <TimeInMillis>1381486872930</TimeInMillis>
    <OperationType>ACTION</OperationType>
    <RevisionID>null</RevisionID>
    <DataCluster>Product</DataCluster>
    <DataModel>Product</DataModel>
    <Concept>Product</Concept>
    <Key>2</Key>
    </Update>
    </report>
    &lt;item><Product><Id>001</Id><Name>Computer</Name><Description>Laptop series</Description><Availability>true</Availability><Price>400</Price><OnlineStore>TalendShop@@http://www.cafepress.com/Talend.2</OnlineStore><Stores><Store>[Dell]</Store><Store>[Lenovo]</Store></Stores></Product>&lt;/item>
    </exchange>
    この例では、XMLレコードは次のようにトリミングされています。
    <exchange><report/><item><Product><Id>001</Id><Name>Computer</Name><Description>Laptop series</Description><Availability>true</Availability><Price>400</Price><OnlineStore>TalendShop@@http://www.cafepress.com/Talend.2</OnlineStore><Stores><Store>[Dell]</Store><Store>[Lenovo]</Store></Stores></Product></item></exchange>
  3. Ctrl+Sを押し、変更内容を保存します。