ジョブでMDMメッセージの変換を設定する - 7.2

MDM event processing

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
Module
Talend MDM Server
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMイベント処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMイベント処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMイベント処理コンポーネント

手順

  1. tXMLMapをダブルクリックし、エディターを開きます。
  2. 入力フローを表すテーブル(エディターの左上)で、XMLツリーの上部にあるカラム名MDM_Messageを右クリックし、[Import From Repository] (リポジトリーからインポート)を選択します。
    [Metadata] (メタデータ)ウィザードが表示されます。
  3. 以前に[Receive MDM] (受信MDM)モデルを使って取得したエンティティスキーマProductReceiveを選択し、[OK]をクリックします。
  4. 更新レポートのスキーマを入力XMLツリーに追加するように求めるダイアログボックスで、[OK]をクリックします。
    これにより、MDMイベントの完全な入力ドキュメントが作成されます。入力XMLツリーでは、Featuresエレメントがループエレメントとして自動的に設定されます。
  5. 出力フローを表すテーブル(エディターの右上)で、下図に示すように出力XMLツリーを作成します。
    このツリーは、MDM出力レポートの必要な静的モデルに応じて構築されます。
    検証成功メッセージを返すために必要なXML構成は<report><message type="info">message</message></report>、検証失敗メッセージを返すために必要なXML構成は<report><message type="error">message</message></report>です。
  6. 入力側のOperationTypeエレメントを出力側のmessageエレメントにマップします。
    これにより、MDMレコードで発生するイベントのタイプに関する情報が出力されます。
  7. [Expression] (式)カラムで、@typeに対応する行に"info"と入力します。
  8. ペンチのアイコンをクリックして出力設定パネルを表示し、[All in one] (オールインワン)オプションを trueに設定します。
  9. [OK]をクリックしてエディターを閉じ、変更を確定します。
  10. tLogRowをダブルクリックして[Component] (コンポーネント)ビューを開き、[Sync columns] (カラムの同期)をクリックします。