ジョブを作成し、MDMメッセージを通信するためのコンポーネントをリンクする - 7.2

MDM event processing

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
Module
Talend MDM Server
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMイベント処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMイベント処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMイベント処理コンポーネント

手順

  1. update_productという名前のジョブを作成します。
  2. tMDMTriggerInputtXMLMaptMDMTriggerOutputtLogRow[Palette] (パレット)からワークスペースにドロップします。
  3. tMDMTriggerInputを右クリックし、コンテキストメニューから[Row] (行) > [Main] (メイン)リンクを選択してtXMLMapに接続します。
  4. 同じようにしてtXMLMaptMDMTriggerOutputに接続し、接続出力に名前を付けます。
  5. tMDMTriggerOutputをダブルクリックして[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。
  6. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックし、エディターを開きます。
  7. tMDMTriggerOutputの唯一の事前定義済みカラムを選択し、をクリックしてこのカラムを入力側(左)に再現します。
  8. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使って、tMDMTriggerOutputtLogRowに接続します。