コンポーネントと接続を設定する - 7.2

Messaging Endpoint (メディエーション)

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > メッセージングエンドポイントコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > メッセージングエンドポイントコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > メッセージングエンドポイントコンポーネント(メディエーション)

手順

  1. cFileコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Path] (パス)フィールドで、ソースファイルpeople.xmlが配置されているパスを指定します。
  3. リポジトリーツリービューから[Route] (ルート)を右クリックし、コンテキストメニューから[Manage Route Resources] (ルートリソースの管理)を選択します。
    [Manage Route Resources] (ルートリソースの管理)ウィザードが開きます。
  4. [Manage Route Resources] (ルートリソースの管理)ウィザードで[Add] (追加)をクリックし、ダイアログの[Resources] (リソース)ツリービューからSampleXqueryを選択します。[OK]をクリックします。
    SampleXqueryルートリソースが[Manage Route Resources] (ルートリソースの管理)ウィザードのテーブルに追加されます。
  5. ルートリソースリストからSampleXqueryを選択し、[Copy Path] (パスのコピー)をクリックします。[OK]をクリックしてウィザードを閉じます。
  6. cMessagingEndpointコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  7. URIフィールドにxquery:と入力し、コピーしたルートリソースSampleXqueryのパスを二重引用符内に貼り付けます。
  8. [Advanced settings] (詳細設定)タブをクリックし、Camelコンポーネントsaxon[Dependencies] (依存項目)リストに追加します。Xqueryの詳細は、Apache CamelのWebサイトhttp://camel.apache.org/xquery-endpoint.htmlを参照してください。
  9. cProcessorコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  10. [Code] (コード)エリアに次のコードを入力して、インターセプトされたメッセージをコンソールに表示します。
    System.out.println(exchange.getIn().getBody(String.class));
  11. [Ctrl] + [S]を押してジョブを保存します。