ルートリソースの作成 - 7.2

Messaging Endpoint (メディエーション)

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > メッセージングエンドポイントコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > メッセージングエンドポイントコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > メッセージングエンドポイントコンポーネント(メディエーション)

手順

  1. リポジトリーツリービューで[Resources] (リソース)ノードを右クリックし、コンテキストメニューから[Create Resource] (リソースの作成)を選択します。
  2. [New Route Resource] (新規ルートリソース)ウィザードが開きます。[Name] (名前)フィールドにリソースの名前を入力します(例: SampleXquery)。[Finish] (終了)をクリックし、ウィザードを閉じます。
  3. エディターに次のコードを入力して、すべてのpersonエレメントのfirstNameおよびlastNameを抽出します。
    declare namespace ns0="http://com.sap/b";
    <people>
    {
    for $p in /people//person
    return
                <person>
                <firstName>{$p/firstName/text()}</firstName>
                <lastName>{$p/lastName/text()}</lastName>
                </person>
    }
    </people>
  4. [Ctrl] + [S]を押してルートリソースを保存します。