コードを表示してルートを実行する - 7.2

Messaging Endpoint (メディエーション)

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > メッセージングエンドポイントコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > メッセージングエンドポイントコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > メッセージングエンドポイントコンポーネント(メディエーション)

手順

  1. 生成されたコードを確認するには、デザインワークスペースの下部にある[Code] (コード)タブをクリックします。
    上記のコードに示すように、メッセージがfrom Message_source_cFile_1から.to cMessagingEndpoint_1にルーティングされ、cProcessor_1によって処理されます。
  2. [Run] (実行)ビューで、[Run] (実行)ボタンをクリックしてルートを実行します。[F6]を押して実行することもできます。
    結果: ソースファイルのすべてのpersonエレメントの firstNameおよびlastNameがコンソールに出力されます。