コンポーネントをドロップしてリンク - 7.2

Messaging Endpoint (メディエーション)

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > メッセージングエンドポイントコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > メッセージングエンドポイントコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > メッセージングエンドポイントコンポーネント(メディエーション)

手順

  1. [Palette] (パレット)[Core] (コア)フォルダーから2つのcMessagingEndpointコンポーネントをデザインワークスペースにドラッグ&ドロップします。1つはメッセージ送信元として、もう1つはメッセージレシーバーとして、それぞれにSenderReceiverという名前を付けて、ルートでのロールを識別しやすくします。
  2. Senderという名前のコンポーネントを右クリックし、メニューで[Row] (行) > [Route] (ルート)を選択し、[Receiver] (レシーバー)にドラッグしてルートリンクを使ってリンクします。