tFixedFlowInput基本設定を設定 - 7.2

Microsoft Dynamics AX

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Microsoft Dynamics AX
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Microsoft Dynamics AX
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Microsoft Dynamics AX

手順

  1. tFixedFlowInputをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを表示し、 コンポーネントのプロパティを定義します。
  2. [Schema type] ([スキーマのタイプ)[Built-in] (組み込み)に設定し、[Edit schema] (スキーマを編集)の横にある3点ボタンをクリックしてダイアログボックスを表示し、入力スキーマを定義します。
  3. プラスボタンをクリックして、入力スキーマカラム、この例では[name][city]および[street]を追加します。
  4. [OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じ、システムによってプロンプトが表示された際に変更の伝播を受け入れます。
    3つのスキーマカラムは[Values]リストに自動的に表示されます。
  5. [Value]カラムをクリックし、入力カラムの値をそれぞれ入力します。