データの操作の定義 - 7.2

Microsoft Dynamics AX

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Microsoft Dynamics AX
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Microsoft Dynamics AX
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Microsoft Dynamics AX

手順

  1. [Action on data] (データでのアクション)リストで実行する操作を選択します。この例では[Delete] (削除)にします。
  2. [Sync columns] (カラムを同期)をクリックして、先行のコンポーネントからスキーマを取得します。この例では、入力カラム[address]を取得します。
  3. [Edit Schema] (スキーマを編集)の横にある3点ボタンをクリックすると、ダイアログボックスが開き、取得したスキーマを確認できます。
  4. 出力スキーマで、キーカラムとして定義するカラム名の横にある[Key] (キー)チェックボックスをオンにし、[OK]をクリックして変更を検証し、ダイアログボックスを閉じます。
    注:

    データの操作として[Delete] (削除)を選択した場合、tMSAXOutputでこのキーカラムに基づいて行を削除するためには、常に[Reference column] (参照カラム)をキーカラムとして定義する必要があります。

  5. [Additional columns] (追加カラム)リストで、[+]ボタンをクリックして1行追加し、コンポーネントで削除操作のベースとして使用するパラメーターを定義します。
  6. 追加した行の対応するカラムには名前、演算子、データ型、ローカル式、位置、および参照カラムを設定します。
    この例では、MicrosoftAXサーバーのADDRESSテーブルから、addressカラムがキーのaddressカラムのアドレスと等しくないすべての行を削除し、以下のように読み取ります:New York-Midtown Manhattan
    注:

    データの操作として[Delete] (削除)を選択した場合は、[Replace] (置換)する[Position] (位置)を常に設定する必要があります。そうしないと、ジョブの実行時に[Additional columns] (追加カラム)のすべての設定が考慮されません。