MicrosoftAXサーバーの接続のセットアップ - 7.2

Microsoft Dynamics AX

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Microsoft Dynamics AX
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Microsoft Dynamics AX
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Microsoft Dynamics AX

手順

  1. tMSAXOutputをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開き、コンポーネントのプロパティを定義します。
  2. [Property type] (プロパティタイプ)[Built-in] (組み込み)に設定します。
  3. [Host] (ホスト)フィールドに、MicrosoftAXサーバーのIPアドレスを入力します。
  4. [Domain] (ドメイン)フィールドに、MicrosoftAXサーバーがホスティングされているドメイン名を入力します。
  5. 対応するフィールドにサーバーのユーザー名とパスワードを入力します。
  6. [Table Name] (テーブル名)フィールドに、データを削除するテーブルの名前、この例では[ADDRESS]を入力します。