MQTTブローカーとの間でメッセージを送受信 - 7.2

MQTT (メディエーション)

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > MQTTコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > MQTTコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > MQTTコンポーネント(メディエーション)

このシナリオは、Talend Open Studio for ESB、Talend ESB、Talend Data Services Platform、Talend MDM Platform、Talend Real Time Big Data Platform、Talend Data Fabricのみに適用されます。

Talendがサポートしているテクノロジーの詳細は、Talend Mediationコンポーネントを参照してください。

このシナリオでは、cMQTTコンポーネントを使ってMQTTブローカーにメッセージを送信し、MQTTブローカーからのメッセージを消費する方法を示します。これを行うには、メッセージプロデューサールートとコンシューマールートの2つのルートを作成します。メッセージはプロデューサールートのMQTTブローカーに送信され、コンシューマールートで消費されます。

このユースケースでは、MQTTプロトコルをサポートするメッセージブローカーとしてApache ActiveMQを使います。ルートを実行する前に、ActiveMQサーバーを起動する必要があります。ActiveMQサーバーのインストールと起動の詳細は、サイトhttp://activemq.apache.org/index.htmlを参照してください。