コードを表示してルートを実行する - 7.2

MQTT (メディエーション)

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > MQTTコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > MQTTコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > MQTTコンポーネント(メディエーション)

手順

  1. デザインワークスペースの下部の[Code] (コード)タブをクリックし、生成されたコードを確認します。
    上記のように、メッセージフローは cMQTT_1からcLog_1にルーティングされます。
  2. F6を押し、ルートを実行します。実行コンソールを見ると、メッセージ交換がまだ行われていないことがわかります。
  3. プロデューサールートを実行します。メッセージ交換のログがコンソールに出力されます。
  4. コンシューマールートでは、メッセージが消費され、実行コンソールに表示されます。
  5. ActiveMQ Webコンソールで、トピックmytopicが作成され、メッセージが消費されたことがわかります。