tNeo4jBatchOutputRelationship標準プロパティ - 7.2

Neo4j

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > Neo4j
データガバナンス > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > Neo4j
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > Neo4j

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtNeo4jBatchOutputRelationshipを設定するために使います。

Standard tNeo4jBatchOutputRelationshipコンポーネントはビッグデータファミリーとデータベースNoSQLファミリーのコンポーネントです。

このフレームワーク内のコンポーネントは、ビッグデータ対応のTalend 製品すべて、およびTalend Data Fabricで使用できます。

基本設定

[Use existing connection] (デフォルト接続を使用)

定義済みの接続の詳細を再利用するには、このチェックボックスをオンにして、[Component List] (コンポーネントリスト)で該当する接続コンポーネントをクリックします。

このコンポーネントはNeo4jバージョンV3.2.Xのみをサポートしており、リモートモードはサポートしていません。したがって、tNeo4jConnectionコンポーネントで定義したV3.2.X以外のバージョンへの接続を再利用しないでください。また、tNeo4jConnection[Remote server] (リモートサーバー)チェックボックスをオンにしないでください。

2.X.Xバージョンと3.X.Xバージョンを同じジョブで使用しないでください。使用するとクラスコンフリクトの問題が発生します。

[Database path] (データベースパス)

データファイルを保存するディレクトリーを指定します。

このフィールドは、[Use an existing] (既存の接続を使用)チェックボックスがオフの場合にのみ表示されます。

[Shutdown after job] (ジョブ後にシャットダウン)

現在のコンポーネントの後にNeo4jに対して実行するオペレーションがない場合は、このチェックボックスをオンにしてNeo4jデータベース接続をシャットダウンします。

または、tNeo4jCloseを使用してデータベースをシャットダウンします。

こうすることで、Neo4jが関係するジョブを次回実行する時に、[Id file not properly shutdown] (IDファイルが正しくシャットダウンされていません)"のようなエラーを回避できます。

このチェックボックスは、[Use an existing connection] (既存の接続を使用)チェックボックスがオフの場合にのみ使用できます。

[Field for relationship types] (関係タイプのフィールド)

前のコンポーネントで定義した入力スキーマからカラムを選択して、作成する関係のタイプを指定します。

[Direction of the relationship] (関係の方向)

作成する関係の方向を選択します。
  • [Outgoing] (出力):関係は開始ノードから終了ノードの方向になります。

  • [Incoming] (入力):関係は終了ノードから開始ノードの方向になります。

[Start node of the relationship] (関係の開始ノード)

ノード識別子を使って各関係の開始ノードを定義します。
  • [Name of the batch index] (バッチインデックスの名前): 開始ノードの作成に使うtNeo4jBatchOutputコンポーネントを選択します。これらのノードのインデックスの名前は、そのコンポーネントから取得されます。

  • [Field name for the batch index] (バッチインデックスのフィールド名): 前のコンポーネントで定義した入力スキーマからカラムを選択して、作成する各関係の開始ノードの名前を指定します。

[End node of the relationship] (関係の終了ノード)

ノード識別子を使って各関係の終了ノードを定義します。
  • [Name of the batch index] (バッチインデックスの名前): 終了ノードの作成に使うtNeo4jBatchOutputコンポーネントを選択します。これらのノードのインデックスの名前は、そのコンポーネントから取得されます。

  • [Field name for the batch index] (バッチインデックスのフィールド名): 前のコンポーネントで定義した入力スキーマからカラムを選択して、作成する各関係の終了ノードの名前を指定します。

Die on error (エラー発生時に強制終了)

このチェックボックスをオンにすると、エラー発生時にジョブの実行が停止されます。

エラーの発生した行をスキップし、エラーが発生していない行の処理を完了するには、このチェックボックスをオフにします。

詳細設定

[Neo4j configuration] (Neo4j設定)

テーブルにパラメーターを追加して、作成するデータベースを設定します。

詳細は、Neo4jのドキュメンテーション: Configuration settingsを参照してください。

値を入力する時に、この[Nodes files] (ノードファイル)テーブルのカラム名と共に示したサンプルの構文を使用します。

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、ジョブレベルおよび各コンポーネントレベルでジョブ処理メタデータが収集されます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数)

NB_LINE: 入力コンポーネントによって読み取られた行の数、または出力コンポーネントに転送された行の数。これはAfter変数で、整数を返します。

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントは出力コンポーネントとして使用され、常に着信リンクが必要です。