データソースの設定 - 7.2

Neo4j

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > Neo4j
データガバナンス > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > Neo4j
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > Neo4j

手順

  1. tFileInputDelimitedコンポーネントをダブルクリックして、[Components] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [File name/Stream] (ファイル名/ストリーム)フィールドで、読み込む家族データが保存されているCSVファイルへのパスを指定します。
    このサンプルに使用している入力CSVファイルは、次のとおりです。
    Name;Gender;Age;Family
    Jenny;Female;24;the Johnsons
    Jack;Male;26;the Johnsons
    Richard;Male;35;the Blacks
    Anne;Female;36;the Whites
    Helen;Female;28;the Blacks
    Tom;Male;38;the Whites
  3. [Header] (ヘッダー)フィールドで、ヘッダー行としてスキップする行数を指定します。このサンプルでは、CSVファイルの最初の行がヘッダー行です。
  4. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックして[Schema] (スキーマ)ダイアログボックスを開き、入力ファイルの構造をベースに入力スキーマを定義します。このサンプルでは、入力スキーマは次の6つのカラムで構成されています: name (整数)、gender (文字列)、age (整数)、およびfamily (文字列)。
    終了したら[OK]をクリックして[Schema] (スキーマ)ダイアログボックスを閉じ、スキーマを次のコンポーネントにプロパゲートします。