Neo4jデータベースからデータを読み込む - 7.2

Neo4j

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > Neo4j
データガバナンス > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > Neo4j
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > Neo4j

手順

  1. tNeo4jInputコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. tNeo4jOutputコンポーネントの場合と同様、接続先のNeo4jサーバーのURL (このサンプルでは"http://localhost:7474/db/data")を指定します。
  3. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックし、従業員情報表示のスキーマを定義します。終了したら[OK]をクリックして[Schema] (スキーマ)ダイアログボックスを閉じ、スキーマを次のコンポーネントにプロパゲートします。
    定義されたスキーマカラムが[Mapping]テーブルに自動的に表示されます。
  4. [Query] (クエリー)フィールドに、Neo4jデータベースから読み込むデータに一致するCypherクエリーを入力します。このサンプルでは、次のCypherクエリーを使用して、40歳を超えていてマネージャーm6の配下にいる従業員を見つけます。
    "MATCH (n) WHERE n.age > 40 AND n.managerID = 'm6' RETURN n;"
  5. 各スキーマカラムの[Return parameter] (戻り値)フィールドに、戻り値を二重引用符で囲んで入力し、Neo4jデータベース内のノードプロパティをスキーマカラムにマップします。
  6. tLogRowコンポーネントをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開き、[Table (print values in cells of a table)] (テーブル(表のセルで値を表示))オプションを選択して、取得された情報をテーブルに表示します。