単一のCypherクエリーを使用してデータをCSVファイルからNeo4jにインポートし、関係を作成する - 7.2

Neo4j

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > Neo4j
データガバナンス > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > Neo4j
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > Neo4j

このシナリオは、ビッグデータ関連Talend製品にのみ適用されます。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

このシナリオでは、家族情報をCSVファイルからリモートNeo4jデータベースにインポートし、tNeo4jRowコンポーネント経由で単一のCypherクエリーを使用して、個人と家族の間に関係を作成するジョブについて説明します。

以下は、このサンプルでデータのインポート元となるCSVファイルのコンテンツです。
Name;Gender;Age;Family
Jenny;Female;24;the Johnsons
Jack;Male;26;the Johnsons
Richard;Male;35;the Blacks
Anne;Female;36;the Whites
Helen;Female;28;the Blacks
Tom;Male;38;the Whites

この例ではMERGELOAD CSVと共に使用しているため、Cypherクエリーが効率的に実行されるように、マージするプロパティにインデックスを作成するために別のtNeo4jRowコンポーネントを使用しています。