tOracleInvalidRows標準プロパティ - 7.2

Oracle validation

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 評価検証 > Oracle検証コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 評価検証 > Oracle検証コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 評価検証 > Oracle検証コンポーネント

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtOracleInvalidRowsを設定するために使います。

Standard tOracleInvalidRowsコンポーネントはデータクオリティファミリーとデータベースファミリーのコンポーネントです。

このコンポーネントは、Talend Data Management PlatformTalend Big Data PlatformTalend Real Time Big Data PlatformTalend Data Services PlatformTalend MDM PlatformおよびTalend Data Fabricで使用できます。

注: このコンポーネントは、動的データベースコネクターの特定のバージョンです。データベース設定に関連するプロパティは、データベースタイプの選択に応じて異なります。動的データベースコネクターについては、動的データベースコンポーネントを参照してください。

基本設定

データベース

データベースのタイプをリストから選択し、[Apply] (適用)をクリックします。

[Validation type] (検証タイプ)

[Regex pattern validation] (正規表現パターンの検証)または[DQ rule validation] (DQルール検証)のいずれか。

 

[Regex pattern validation] (正規表現パターンの検証): データベース内のデータを正規表現パターンに基づいて検証します。

 

[DQ rule validation] (DQルール検証): データベース内のデータをDQルールに基づいて検証します。

[Property type] (プロパティタイプ)

[Built-in] (組み込み)または[Repository] (リポジトリー)のいずれかで次の設定を行います。

 

[Built-in] (組み込み): プロパティデータは一元的に保管されません。

 

[Repository] (リポジトリー): プロパティを保存するリポジトリーファイルを選択します。後続するフィールドは、取得されたデータを使用して事前に入力されます。

[Use an existing connection] (既存の接続を使用)

定義済みの接続の詳細を再利用するには、このチェックボックスをオンにして、[Component List] (コンポーネントリスト)で該当する接続コンポーネントをクリックします。

注: ジョブに親ジョブと子ジョブが含まれている時は、2つのレベルの間の既存の接続を共有する必要がな場合(たとえば、親ジョブで作成した接続を子ジョブと共有するなど)には、以下を実行する必要があります。
  1. 親レベルで、共有するデータベース接続を、そのデータベース接続そのものを作成する接続コンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビューに登録します。

  2. 子レベルで、登録済みのそのデータベース接続を読み取るために専用の接続コンポーネントを使用します。

ジョブレベルをまたがってデータベース接続を共有する方法の例は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

[Connection Type] (接続タイプ)

使えるドライバーのドロップダウンリスト:

[DB Version] (DBバージョン)

使用しているOracleバージョンを選択します。

[Host] (ホスト)

データベースサーバーのIPアドレス。

[Port] (ポート)

DBサーバーのリスニングポート番号。

[Database] (データベース)

データベースの名前。

[Oracle schema] (Oracleスキーマ)

Oracleスキーマの名前。

Username (ユーザー名)Password (パスワード)

DBユーザー認証データ。

パスワードを入力するには、パスワードフィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにパスワードを二重引用符の間に入力し、[OK] をクリックして設定を保存します。

[Schema] (スキーマ)[Edit schema] (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明で、処理された後に次のコンポーネントに渡されるフィールドの数を定義するものです。スキーマは[Built-in] (組み込み)か、[Repository] (リポジトリー)にリモートで保存されます。

 

[Built-in] (組み込み): このコンポーネントに対してのみスキーマを作成して、ローカルに保管します。関連項目: 『 Talend Studioユーザーガイド』を参照してください。

 

[Repository] (リポジトリー): スキーマは作成済みで、リポジトリーに保存されているため、必要な時に再利用できます。関連項目: 『 Talend Studioユーザーガイド』を参照してください。

[Table Name] (テーブル名)

読み込むテーブルの名前を入力します。

[Where clause] (Where句)

WHERE句を入力して、テーブル内に行フィルターを定義します。

テーブル内の分析する行をフィルタリングするには、WHERE句を使用します。このWHERE句で、指定した条件に一致する有効なデータと無効なデータを取得できます。

詳細設定

[Additional JDBC Parameters] (追加のJDBCパラメーター)

作成するDB接続の追加の接続プロパティを指定します。このオプションは、[Basic settings] (基本設定)[Use an existing connection] (既存の接続の使用)チェックボックスをオンにしている場合は使用できません。

注:

事前定義済みのグローバル変数のリストにアクセスするには、[Ctrl] + [Space]を押します。

[Covert XML type to Java Type] (XML型をJava型に変換)

このチェックボックスをオンにしてから、テーブルを使い、定義されたカラムのタイプをJavaタイプに変換します。

tStatCatcher [Statistics] (統計情報)

このチェックボックスをオンにすると、コンポーネントレベルでログデータを収集できます。

[Use cursor] (カーソルの使用)

このチェックボックスをオンにすると、指定された時に作業する行数を指定できます。このオプションにより、パフォーマンスを最適化できます。

[Trim all the String/Char columns] (すべての文字列/文字カラムをトリミング)

すべてのStringカラム/Charカラムの先頭や末尾の空白を削除する場合は、このチェックボックスをオンにします。

[Trim column] (カラムをトリミング)

定義されたカラムから先頭や末尾の空白を削除します。

[Trim all the String/Char columns] (すべての文字列/文字カラムをトリミング)がオンの場合、このチェックボックスは表示されません。[Trim column] (カラムをトリミング)を有効にするには、[Trim all the String/Char columns] (すべての文字列/文字カラムをトリミング)をオフにします。

[No null values] (null値なし)

null値がない場合にこのボックスをオンにすると、パフォーマンスが向上します。

[Global Variables] (グローバル変数)

[Global Variables] (グローバル変数)

NB_LINE: 入力コンポーネントによって読み取られた行の数、または出力コンポーネントに転送された行の数。これはAfter変数で、整数を返します。

QUERY: 処理されているクエリーステートメント。これはFlow変数で、文字列を返します。

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

[Usage rule] (使用ルール)

このコンポーネントは、開始または中間ステップとして使用できます。出力フローが必要です。

注:

[Regex pattern validation] (正規表現パターンの検証)にのみ使用できます。

[Analyzed column] (分析対象カラム)

注:

[Regex pattern validation] (正規表現パターンの検証)にのみ使用できます。

[Custom pattern] (カスタムパターン)

注:

[Regex pattern validation] (正規表現パターンの検証)にのみ使用できます。

[Patterns list] (パターンリスト)

注:

[DQ rule validation] (DQルール検証)にのみ使用できます。

[DQ rule list] (DQルールリスト)

注:

[DQ rule validation] (DQルール検証)にのみ使用できます。

[Query type] (クエリータイプ)

   
   

注:

[DQ rule validation] (DQルール検証)にのみ使用できます。

[Guess Query] (クエリーの推測)

注:

[DQ rule validation] (DQルール検証)にのみ使用できます。

[Guess schema] (スキーマの推測)

注:

[DQ rule validation] (DQルール検証)にのみ使用できます。

クエリー