入力コンポーネントを設定 - 7.2

Palo

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > Palo
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > Palo
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > Palo

手順

  1. tRowGeneratorをダブルクリックしてエディターを開きます。
  2. エディターの上部で、[+]ボタンをクリックして1つのカラムを追加し、[Column] (カラム)カラムで名前をrandom_dateに変更します。
  3. 新しく追加された行で、[Type] (タイプ)カラムに[Date] (日付)を選択し、[Functions] (関数)カラムにgetRandomDateを選択します。
  4. このエディターの下部にある[Function parameters] (関数パラメーター)ビューで、[Value] (値)カラムに新しい最小日付と最大日付の値を入力します。この例では、最小値は2010-01-01、最大値は2010-12-31です。
  5. [OK]をクリックして変更を確定し、エディターを閉じます。
  6. ポップアップしたダイアログボックスで[OK]をクリックして、変更をプロパゲートします。