tPaloDimensionコンポーネントを設定する - 7.2

Palo

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > Palo
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > Palo
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > Palo

手順

  1. ワークスペースでtPaloDimensionをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。
  2. [Use an existing] (既存の接続を使用)チェックボックスをオンにします。tPaloConnection_1[Connection configuration] (接続設定)フィールドに自動的に表示されます。
  3. [Database] (データベース)フィールドに、新しいディメンションが作成されるデータベース(このシナリオではtalendDatabase)を入力します。
  4. [Dimension] (ディメンション)フィールドに、作成するディメンションに使う名前を入力します(例: Date)。
  5. [Action on dimension] (ディメンションに対する操作)フィールドで、実行する操作を選択します。このシナリオでは、[Create dimension if not exist] (ディメンションが存在しない場合は作成する)を選択します。
  6. [Create dimension elements] (ディメンションエレメントを生成)チェックボックスをオンにします。
  7. [Consolidation Type] (統合体タイプ)エリアで、[Normal] (標準)チェックボックスをオンにします。
  8. [Consolidation Type] (統合体タイプ)エリアのエレメント階層テーブルの下で[+]ボタンをクリックし、テーブルに3つの行を追加します。
  9. エレメント階層テーブルの[Input column] (入力カラム)で、ドロップダウンリストから、最初の行にはYear、2番目の行にはMonth、3番目の行にはDateを選択します。これにより、入力スキーマのさまざまなカラムのエレメントのレベルが決まります。