tPaloCubeListの読み取り専用出力スキーマを理解する - 7.2

Palo

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > Palo
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > Palo
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > Palo

以下のテーブルは、tPaloCubeListコンポーネントの読み取り専用のスキーマに関連する情報を示しています。

カラム

タイプ

説明

Cube_id

int

キューブの内部ID。

Cube_name

String

キューブの名前。

Cube_dimensions

int

キューブ内のディメンションの数。

Cube_cells

long

キューブ内の計算されたセルの数。

Cube_filled_cells

long

キューブ内の入力されたセルの数。

Cube_status

int

キューブのステータス。以下の場合があります。

- 0: アンロード済み

- 1: ロード済み

- 2: 変更済み

Cube_type

int

キューブのタイプ。以下の場合があります。

- 0: ノーマル

- 1: システム

- 2: 属性

- 3: ユーザー情報

- 4. gpuタイプ