ジョブを設定する - 7.2

Pattern validation

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 評価検証 > パターン検証コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 評価検証 > パターン検証コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 評価検証 > パターン検証コンポーネント

このシナリオでは、既にメインの入力スキーマがリポジトリーに保管されています。リポジトリーにスキーマメタデータを保管する方法の詳細は、『Talend Studioユーザーガイド』を参照してください。

メイン入力テーブルにはlname、fname、およびemailという3つのカラムがあります。これらのカラムのエントリをパターンに照らしてチェックする必要があります。

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)ツリービューで、メインの入力スキーマを保存し、関連するファイルをデザインワークスペースにドロップした場所で[Metadata] (メタデータ) > [DB Connections] (DB接続)を展開します。
  2. [Components] (コンポーネント)ダイアログボックスで、tMysqlInputコンポーネントを選択し、[OK]をクリックしてワークスペースにドロップします。

    このシナリオで使用される入力テーブルは[customer]になります。そこにはパターンチェックを実行する3つのカラムを含む複数のカラムが含まれています。

  3. [Palette] (パレット)からtMultiPatternCheckと2つのtLogRowコンポーネントをデザインワークスペースにドロップします。
  4. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使用して、メイン入力コンポーネントをtMultiPatternCheckに接続します。
  5. [Matches] (一致)および[Non Matches] (非一致)接続を使用して、2つのtLogRowコンポーネントにtMultiPatternCheckを接続します。

タスクの結果