最終出力スキーマと出力ファイルを定義 - 7.2

Pig

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > Pig
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > Pig
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > Pig

手順

  1. tPigFilterColumnsをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックし、[Schema] (スキーマ)ダイアログボックスを開きます。
  3. 入力スキーマから、[Shift]キーを押しながらカラムを1つずつクリックすれば、結果ファイルに含ませるカラムを選択し、[->]ボタンをクリックしてそれらを出力スキーマにコピーします。次に、[OK]をクリックしてスキーマ設定を確定し、ダイアログボックスを閉じます。
    この例では、結果ファイルにグループIDを除いて、情報をすべて含ませます。
  4. tPigStoreResultをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  5. [Sync columns] (カラムの同期)をクリックして、先行コンポーネントからスキーマ構造を取得します。
  6. [Result file] (結果ファイル)フィールドに結果ファイルへの完全パスを入力して、[Remove result file directory if exists] (存在する場合は結果ファイルディレクトリーを削除)チェックボックスを選択します。
  7. [Store function] (関数の保存)リストから[PigStorage]を選択して、残りの設定を変更しないでおきます。