tPigMap標準プロパティ - 7.2

Pig

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > Pig
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > Pig
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > Pig

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtPigMapを設定するために使います。

Standard tPigMapコンポーネントはビッグデータファミリーおよび変換処理ファミリーのコンポーネントです。

このフレームワーク内のコンポーネントは、ビッグデータ対応のTalend 製品すべて、およびTalend Data Fabricで使用できます。

基本設定

リンクのマッピングはのように表示されます

[Auto] (自動): デフォルト設定は曲線リンクです。

[Curves] (曲線): マッピングが曲線で表示されます。

[Lines] (直線): マッピングが直線で表示されます。最後のオプションを選ぶと多少パフォーマンスが良くなります。

[Map Editor] (マップエディター)

tPigMapのルーティングと変換のプロパティを定義できます。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、コンポーネントレベルでログデータを収集できます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細については、 Talend Studio ユーザーガイドを参照してください。

使用方法

[Usage rule] (使用ルール)

Pigプロセスで考えられる用途は、フィールドの単純な再編成からデータの多重化または逆多重化変換、連結、反転、フィルタリング/分割などの最も複雑なジョブまでです。

制限事項

tPigMapを使用される場合、その機能を十分に活用するためにJavaとPig Latinの最低限の知識があることが想定されています。

このコンポーネントは連結ステップで、ジョブの開始コンポーネントにも終了コンポーネントにもできません。