tPigStoreResultを設定 - 7.2

Pig

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > Pig
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > Pig
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > Pig

手順

  1. normalというラベルの付いた[tPigStoreResult]をダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。
  2. [Result file] (結果ファイル)フィールドで、結果を書き込む必要のあるディレクトリーを入力します。このシナリオでは、normalというレコードを受信するのは/user/ychen/tpigmap/traffic_normalです。
  3. [Remove result directory if exists] (結果ディレクトリーがある場合は削除する)チェックボックスをオンにします。
  4. [Store function] (関数の保存)リストでPigStorageを選択し、レコードを人が読めるUTF-8形式で書き込みます。
  5. [Field separator] (フィールド区切り記号)フィールドに;と入力します。
  6. 同じ操作を繰り返して、jamというラベルの付いたtPigStoreResultを設定します。ただし、ディレクトリーは[Result file] (結果ファイル)フィールドで/user/ychen/tpigmap/traffic_jamに設定します。

タスクの結果

注:

コンポーネントのどちらかがスキーマをtPigMapから取得しない場合は、警告アイコンが表示されます。その場合は、[Sync columns] (カラムの同期)ボタンをクリックして、先行コンポーネントのスキーマを取得します。取得すると警告アイコンが消えます。