交通データをロード - 7.2

Pig

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > Pig
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > Pig
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > Pig

手順

  1. trafficというラベルの付いたtPigLoadをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。
  2. [Edit schema] (スキーマを編集)の横のボタンをクリックし、スキーマエディターを開きます。
  3. ボタンを3回クリックして3つの行を追加し、[Column] (カラム)カラムで、名前をそれぞれdatastreettrafficに変更します。
  4. [OK]をクリックして、これらの変更を保存します。
  5. StudioをリモートHadoopディストリビューションに接続する必要があるため、[Mode] (モード)エリアで[Map/Reduce]オプションを選択します。
  6. [Distribution] (ディストリビューション)リストと[Version] (バージョン)フィールドで、使用するHadoopディストリビューション選択します。この例では、Hortonworks Data Platform V1.0.0となります。
  7. [Load function] (関数のロード)リストで、データが人間によって判読可能なUTF-8形式での構造化ファイルであるため、[PigStorage]関数を選択して、ソースデータを読み取ります。
  8. [NameNode URI] (ネームノードURI)フィールドと[Resource Manager] (リソースマネージャー)フィールドに、使用されるHadoopディストリビューションのマスターノードとリソースマネージャーの場所を入力します。 WebHDFSを使用している場合、ロケーションはwebhdfs://masternode:portnumberとなります。WebHDFS with SSLはまだサポートされていません。
  9. [Input file URI] (入力ファイルのURI)フィールドに、交通状況に関するデータが保存されているディレクトリーを入力します。先に説明したように、この例のディレクトリーは/user/ychen/tpigmap/date&trafficです。
  10. [Field separator] (フィールド区切り記号)フィールドに、ソースデータによって使用される区切り記号に応じて;を入力します。