メールサーバーからメールメッセージの選択を取得する - 7.2

POP

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > インターネットコンポーネント > POP
データガバナンス > サードパーティーシステム > インターネットコンポーネント > POP
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > インターネットコンポーネント > POP

このシナリオは、事前定義された数のメールメッセージをメールサーバーから取得する1コンポーネントジョブです。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

  • [Palette] (パレット)からデザインワークスペースにtPOPコンポーネントをドロップします。

  • tPOPをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを表示し、コンポーネントプロパティを定義します。

  • 対応するフィールドにメールサーバーのIPアドレスとポート番号を入力します。

  • メールアカウントのユーザー名とパスワードを対応するフィールドに入力します。このサンプルでは、メールサーバーはFreeと呼ばれています。

  • [Output directory] (出力ディレクトリー)フィールドに出力ディレクトリーへのパスを手動で入力するか、フィールドの横にある[...]ボタンをクリックして、メールサーバーから取得したメールメッセージを保存する出力ディレクトリーを参照します。

  • [Filename pattern] (ファイル名パターン)フィールドで、メールサーバーから取得したメッセージを保存する出力ファイルの命名に使用する構文を定義するか、または[Ctrl] + [Space]を押して、事前定義されたパターンのリストを表示します。この例で使用している構文は、次のとおりです: TalendDate.getDate("yyyyMMdd-hhmmss") + "_" + (counter_tPOP_1 + 1) + ".txt"

    出力ファイルは.txtファイルとして保存され、日付、時刻、および到着の時系列で定義されます。

  • [Retrieve all emails?] (すべてのメールを読み出しますか?)フィールドをクリアし、取得するメールメッセージの件数を[Number of emails to retrieve] (読み出すメール数)フィールドに入力します(このサンプルでは10)。

  • 取得してローカルに保存した後でメールメッセージをメールサーバーから削除するには、[Delete emails from server] (サーバーからメールを削除)チェックボックスをオンにします。

  • 使用するプロトコルタイプを[Choose the protocol] (プロトコルの選択)フィールドで選択します。これは、メールサーバーで使用しているプロトコルに応じて異なります。Gmailなど、一部のメールでは両方のプロトコルが使用されています。このサンプルでは、使用されているプロトコルはpop3です。

  • ジョブを保存し、[F6]を押して実行します。

tPOPコンポーネントは、最新のメッセージ10件を指定のメールサーバーから取得します。

ローカルに保存されているtPOPディレクトリーには、取得された各メッセージに.txtファイルが作成されます。各ファイルには、メッセージのコンテンツに加えて、メールメッセージの見出しのメタデータ(送信元のアドレス、受信者のアドレス、件名)が保存されています。