住所を編集し、検証ステータスを付与する - 7.2

QAS address standardization

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > QASアドレス標準化コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > QASアドレス標準化コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > QASアドレス標準化コンポーネント

このシナリオは、Talend Data Management PlatformTalend Big Data PlatformTalend Real Time Big Data PlatformTalend Data Services PlatformTalend MDM PlatformおよびTalend Data Fabricにのみ適用されます。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

以下は、 Talend Studio で作成された5つのコンポーネントからなるジョブです。

この仕事では:

  • クライアント関連の情報を保持する入力csvファイルを読み取ります。

  • tMapコンポーネントを使って、受信データフローの3つのフィールド、Address、Postal、Cityを連結して、Edit_Addressという1つの出力カラムにします。

  • tQASAddressRowコンポーネントを使って出力カラムEdit_Addressを分析し、編集した住所すべての検証ステータスを提供します。

  • tFilterRowコンポーネントを使って、ステータスがNoneでない住所のみを出力します。

  • 最後に、正しいフォーマットの住所と検証ステータスをコンソールに表示します。

このシナリオでは、入力ファイルの入力スキーマがリポジトリーに既に保管されています。[Repository] (リポジトリー)ツリービューにスキーマメタデータを保管する方法の詳細は、『 Talend Studioユーザーガイド』を参照してください。