Data Quality: 非推奨および削除されたアイテム - 7.2

Talend Big Data製品リリースノート

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
Content
インストールとアップグレード
リリースノート

項目

説明

データマスキングのルーチン 安全なメソッドとは考えられないことから、次のマスキングルーチンは非推奨となりました。
  • createMD2
  • createMD5
  • encryptAES
  • decryptAES
  • encryptDES
  • decryptDES
Drools Talend Administration Centerに統合されているDrools Webアプリケーションは非推奨となっています。BRMSノードがTalend Studio[Metadata] (メタデータ) > [Rules Management] (ルール管理)ノードから削除されました。
解析ルール Antlrルール視覚化エディターは非推奨となりました。解析ルールエディターでルールをテストすることはできません。
Talend DQ Portal Talend DQ Portalは非推奨となっています。Data Qualityデータマートを自身のレポートツールに接続することはできません。
Talend Dictionary Serviceのコマンドライン Talend Dictionary Serviceのコマンドラインは非推奨 となっています。
以下のアクションは、Talend Data PreparationおよびTalend Data StewardshipのユーザーインターフェイスおよびREST APIを使用して実行できます。
  • セマンティックタイプのエンリッチ化
  • Talend Data PreparationおよびTalend Data Stewardshipへのセマンティックタイプの再公開
Uniservコンポーネント 次のコンポーネントはほとんど使われておらず、Talend 7.2以降は非推奨となります:
  • tUniservBTGeneric
  • tUniservRTConvertName
  • tUniservRTMailBulk
  • tUniservRTMailOutput
  • tUniservRTMailSearch
  • tUniservRTPost