Data Preparation: 既知の問題と制限事項 - 7.2

Talend Data Integration製品リリースノート

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for Data Quality
Content
インストールとアップグレード
リリースノート

未解決の問題をすべて記載したリストはJIRAバグ管理ツールを参照してください。

https://jira.talendforge.org/issues/?filter=29821
制限事項 説明
Java 8でのStreams Runnerの起動[TDP-7330] Streams RunnerコンポーネントではJava 11がサポートされていません。代わりにJava 8で起動する必要があります。
HDFSのエクスポート[TDP-7329] Talend Data Preparationをビッグデータのコンテキストで使用する場合、次のいずれかの関数を含んでいるHDFSのエクスポートは失敗します。
  • スマート入力
  • フルネームの部分を抽出
  • セマンティックタイプで値を抽出
  • カラムを融合
  • 文字幅を変換
  • カラムの連結
  • 複数のカラムでのSum、multiply、mean、median、max、min
  • テーブル全体の日付形式を変更
  • テーブル全体の数値をフォーマット
  • テーブル全体を検索して置換
空のプレパレーションでエクスポートが失敗する どのプレパレーション関数も適用せずに、データセットリストから開いたばかりのデータセットで[Export] (エクスポート)ボタンを使う場合は、出力設定にかかわらずエクスポートが失敗します。

対処法として、プレパレーションを作成し、お好みの形式にエクスポートするには、データセットにプレパレーションステップを少なくとも1つ適用します。