Data Stewardship: 新しい機能 - 7.2

Talend Data Integration製品リリースノート

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for Data Quality
Content
インストールとアップグレード
リリースノート
機能 説明
キャンペーンの監視 キャンペーン所有者は、データスチュワードの効率とサービスレベルアグリーメント(SLA)の遵守を、メトリックを使用する管理可能なダッシュボードで監視できるようになりました。このメトリックは、傾向を識別し、パフォーマンスの包括的なスナップショットを提供します。

キャンペーン所有者は、ダッシュボードにウィジェットを追加し、データとのやり取りを行い、日々の操作に関する情報を視覚化し、主要なパフォーマンスインジケーターを表示できます。

複数の承認ステップ キャンペーン所有者は、キャンペーン内のタスクワークフローに複数の連続的な承認ステップを追加できるようになりました。4つの目で見るというこの原則は、タスクの承認を少なくとも2人のスチュワードで行い、データの品質と整合性を確保することを意味します。
コメント タスクやタスクの属性にコメントやディスカッションスレッドを追加することで、データスチュワードやキャンペーン所有者の間のコラボレーションが向上します。また、移行の決定にコメントを付けることで、タスクに実行する変更を受け入れるか拒否するかの選択についての説明を提供でき、コラボレーションとフィードバックの追跡が可能になります。
文字幅を変換 表記ゆれをチェックしたり、文字幅を半角または全角に変換したり、文字列を正規化したりできるようになりました。
OpenJDKのサポート Oracle JDKに加えて、TalendはOpenJDK 11によるジョブの生成、実行、ビルドをサポートします。
Kafkaのサポート Talendでは、Kafkaのバージョン2.1がサポートされるようになりました。
MongoDB Talendでは、MongoDBのバージョン4.0をサポートするようになりました。