tRiakOutput標準プロパティ - 7.2

Riak

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > Riak
データガバナンス > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > Riak
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > Riak

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtRiakOutputを設定するために使います。

Standard tRiakOutputコンポーネントはビッグデータファミリーとデータベースNoSQLファミリーのコンポーネントです。

このフレームワーク内のコンポーネントは、ビッグデータ対応のTalend 製品すべて、およびTalend Data Fabricで使用できます。

基本設定

[Schema] (スキーマ)[Edit schema] (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明のことです。処理して次のコンポーネントに渡すフィールド(カラム)数を定義します。Sparkジョブを作成する場合、フィールドの命名時は予約語のlineを避けます。

スキーマを変更するには[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックします。現在のスキーマがリポジトリータイプの場合は、3つのオプションを使用できます。

  • [View schema] (スキーマの表示): スキーマのみを表示する場合は、このオプションを選択します。

  • [Change to built-in property] (組み込みのプロパティに変更): ローカルで変更を行うためにスキーマを組み込みに変更する場合は、このオプションを選択します。

  • [Update repository connection] (リポジトリー接続を更新): リポジトリーに保存されているスキーマに変更を加え、変更後にそのコンテンツをすべてのジョブにプロパゲートするかどうかを決める場合は、このオプションを選択します。変更を現在のジョブにのみ反映する場合は、変更後、[No] (いいえ)を選択し、[Repository Content] (リポジトリーのコンテンツ)ウィンドウで再びこのスキーマのメタデータを選択します。

 

[Built-in] (組み込み): そのコンポーネントのみのスキーマを作成して、ローカルに保存します。

 

[Repository] (リポジトリー): スキーマは作成済みで、リポジトリーに保管されています。さまざまなプロジェクトやジョブデザインで再利用できます。

再使用するスキーマに整数またはファンクションのデフォルト値が指定されている場合は、これらのデフォルト値を引用符で囲まないようにご注意ください。引用符で囲まれている場合は手動で削除します。

詳細は、Talend Studioユーザーガイドでテーブルスキーマに関連する説明を参照してください。

[Use existing connection] (デフォルト接続を使用)

定義済みの接続の詳細を再利用するには、このチェックボックスをオンにして、[Component List] (コンポーネントリスト)で該当する接続コンポーネントをクリックします。

[Use an existing connection] (既存の接続を使用)チェックボックスをオンにすると、[Nodes] (ノード)テーブルは利用できなくなります。

[Nodes] (ノード)

Riakクラスターへの接続に必要な情報を入力します。

  • [Host] (ホスト): 接続するRiakクラスター内のRiakノードのIPアドレスまたはホスト名を入力します。

  • [Port] (ポート): Riakノードのリスニングポート番号を入力します。このフィールドを空のままにすると、デフォルト値の8098が使えます。

  • [Riak path] (Riakパス): RiakノードにアクセスするためのRiakパスを入力します。このフィールドを空のままにすると、デフォルト値のriakが使えます。

RiakノードにアクセスするためのURLの一例が、http://127.0.0.1:8098/riakです。

Riakに関連するコンセプトの詳細は、https://docs.basho.com/riak/kv/2.2.0/learn/concepts/を参照してください。

Bucket (バケット)

変更を適用するバケットの名前を指定します。

[Action on data] (データへのアクション)

指定されたバケットで、以下を実行できます。

  • [Upsert] (アップサート): データが存在しない場合は挿入し、存在する場合は既存のデータを更新します。

  • [Delete] (削除): 指定されたキーに関連付けられている値を削除します。

[Action on data] (データへのアクション)リストから[Delete] (削除)を選択した場合のみ、[Key] (キー)エリアで[Key column] (キーカラム)リストが利用できます。

[Auto generate the key] (キーを自動生成)

このチェックボックスをオンにすると、Riakシステムで値のキーが自動的に生成されます。

[Key column] (キーカラム)

リストからカラムを1つ選択して、そのデータをキーとしてRiakバケットに書き込みます。キーは1つのバケットで一意である必要があります。

[Value columns] (値のカラム)

カラムをカスタマイズして、データを値としてRiakバケットに書き込みます。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、ジョブレベルおよび各コンポーネントレベルでジョブ処理メタデータが収集されます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数)

UPSERT_NB_LINE: 挿入および更新された行の数。これはAfter変数で、整数を返します。

DELETE_NB_LINE: 削除された行の数。これはAfter変数で、整数を返します。

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントは出力コンポーネントとして使用され、常に着信リンクが必要です。