入力データの設定 - 7.2

サンプリング

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > サンプリングコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > サンプリングコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > サンプリングコンポーネント

手順

  1. tFileInputDelimitedをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを表示し、コンポーネントプロパティを定義します。
  2. [File name/Stream] (ファイル名/ストリーム)フィールドで、メイン入力に使用するファイルに移動します。
    このファイルには、顧客に関する情報が含まれています。
  3. 行とフィールドの区切り、および、必要に応じてヘッダーとフッターを、対応するフィールドで定義します。
  4. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックしてダイアログボックスを開き、入力スキーマを定義します。
    このサンプルでは、入力ファイルの構造に従い、スキーマは10のカラムで構成されています。
  5. [+]ボタンをクリックし、上図に示すように、ダイアログボックスの入力カラムを定義します。[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
  6. 必要に応じて、tFileInputDelimitedを右クリックし、[Data Viewer] (データビューアー)を選択して入力データのビューを表示します。