tJDBCSCDELTを使ってSnowflakeテーブルのデータ変更を追跡するジョブを作成する - 7.2

SCDELT

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > SCDELT
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > SCDELT
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > SCDELT

手順

  1. 新しいジョブを作成し、tJDBCConnectionコンポーネント、2つのtJDBCRowコンポーネント、2つのtFixedFlowInputコンポーネント、2つのtJDBCOutputコンポーネント、2つのtJDBCSCDELTコンポーネント、2つのtJDBCInputコンポーネント、および2つのtLogRowコンポーネントをジョブに追加します。
  2. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使って、最初のtFixedFlowInputコンポーネントを最初のtJDBCOutputコンポーネントにリンクします。
  3. 同じようにして、最初のtJDBCInputコンポーネントを最初のtLogRowコンポーネントに、2番目のtFixedFlowInputコンポーネントを2番目のtJDBCOutputコンポーネントに、2番目のtJDBCInputコンポーネントを2番目のtLogRowコンポーネントにリンクします。
  4. [Trigger] (トリガー) > [On Subjob Ok] (サブジョブがOKの場合)接続を使って、tJDBCConnectionコンポーネントを最初のtJDBCRowコンポーネントにリンクします。
  5. 同じようにして、最初のtJDBCRowコンポーネントを2番目のtJDBCRowコンポーネントに、2番目のtJDBCRowコンポーネントを最初のtFixedFlowInputコンポーネントに、最初のtFixedFlowInputコンポーネントを最初のtJDBCSCDELTコンポーネントに、最初のtJDBCSCDELTコンポーネントを最初のtJDBCInputコンポーネントに、最初のtJDBCInputコンポーネントを2番目のtFixedFlowInputコンポーネントに、2番目のtFixedFlowInputコンポーネントを2番目のtJDBCSCDELTコンポーネントに、2番目のtJDBCSCDELTコンポーネントを2番目のtJDBCInputコンポーネントにリンクします。