出力コンポーネントの設定 - 7.2

SOAP

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > インターネットコンポーネント > SOAP
データガバナンス > サードパーティーシステム > インターネットコンポーネント > SOAP
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > インターネットコンポーネント > SOAP

手順

  1. tFileOutputXMLコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [File Name] (ファイル名)フィールドで、出力XMLファイルへのパスを入力します。
  3. 受信データフローをXMLドキュメントとして取得するには、[Incoming record is a document] (受信レコードはドキュメントです)チェックボックスをオンにします。[Column list] (カラムリスト)が表示され、データを取得するカラムを選択できます。この例では、スキーマには1つのカラムのみが含まれています。