tSOAPコンポーネントを介したWebサービスの設定 - 7.2

SOAP

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > インターネットコンポーネント > SOAP
データガバナンス > サードパーティーシステム > インターネットコンポーネント > SOAP
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > インターネットコンポーネント > SOAP

手順

  1. tSOAPコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [ENDPOINT] (エンドポイント)フィールドに、使用するWebサービスのURLアドレスを引用符で囲んで入力するか、コピーして貼り付けます("http://www.webservicex.net/country.asmx")。
  3. [SOAP Action] (SOAP アクション)フィールドに、国名情報を取得したいことを示す、SOAPAction HTTPヘッダーフィールドのURLアドレスを入力するか、コピーして貼り付けます(http://www.webserviceX.NET/GetCountryByCountryCode)。
  4. [Use a message from the schema] (スキーマからのメッセージを使用)チェックボックスをオンにし、[SOAP Message] (SOAPメッセージ)リストから[Document] (ドキュメント)タイプカラムを選択して、入力ファイルからSOAPメッセージを読み取り、Webサービスに送信します。このサンプルでは、入力スキーマにはgetCountryNameのみが含まれています。
  5. [Output in Document] (ドキュメントに出力)チェックボックスをオンにすると、レスポンスメッセージをXML形式で出力できます。