Talend StudioでのESBアーティファクトのビルドタイプの変更 - 7.2

Talendソフトウェア開発ライフサイクルベストプラクティスガイド

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Module
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend JobServer
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
デプロイメント
管理と監視

始める前に

プロジェクトをインポートする前に、GitやSVNの既存のリモートプロジェクトがTalend Administration CenterTalend Management Consoleのいずれかに保存されていることを確認します。

このセクションではGitバージョン管理システム(VCS)に加えてESBのデモプロジェクトが例として使用しますが、ご自分のVCSや既存のESBアーティファクトも使用できます。

手順

  1. Talend Studioで、リモートプロジェクトに接続します。
  2. Talend Data Fabric Studioユーザーガイドの説明に従い、ESBのデモプロジェクトをインポートします。
  3. [Repository] (リポジトリー)ツリービューで、[Job Designs] (ジョブデザイン) > [Standard] (標準) > [DemoREST 0.1]を開きます。
  4. [Job] (ジョブ) > [Deployment] (デプロイ)タブで、ジョブの[Build Type] (ビルドタイプ)[Microservice for ESB] (ESB用マイクロサービス)に変更します。
  5. [Route Designs] (ルートデザイン) > [Routes] (ルート) > [DemoRESTRoute 0.1]を開き、[Job] (ジョブ) > [Deployment] (デプロイ)タブで、ルートの[Build Type] (ビルドタイプ)RouteMicroserviceに変更します。
  6. [Route Designs] (ルートデザイン) > [Routes] (ルート) > [DemoSEDADemo 0.1]を開き、[Job] (ジョブ) > [Deployment] (デプロイ)タブで、ルートの[Build Type] (ビルドタイプ)RouteMicroserviceに変更します。
  7. 変更を保存します。
  8. 変更をGitにプッシュします。