Jenkinsパイプラインの作成 - 7.2

Talendソフトウェア開発ライフサイクルベストプラクティスガイド

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Module
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend JobServer
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
デプロイメント
管理と監視
Jenkinsサーバー上のビルドパイプラインを作成する方法について説明します。

手順

  1. Jenkinsで[New item] (新規アイテム)をクリックします。
  2. パイプラインに名前を付け、リスト内の[Pipeline] (パイプライン)を選択します。

    パイプライン名(例)

    目標

    Talend_Pipeline

    • ソースを取得し(各コミットで可能)、Javaクラスに変換します。このプロジェクトは、プロジェクトで作成したアーティファクト(ジョブ、ルート、サービス、およびテスト)のすべてのソースを生成するTalend CommandLineアプリケーションをインストールして使用します。

    • すべてのテストケースを一度に実行します。

    • 任意のアーティファクトリポジトリーまたはDockerレジストリーにアーティファクトをデプロイします。
    警告: ESBアーティファクト(ルートとデータサービス)をDockerに公開する場合は、データサービスおよびルートマイクロサービスでのDockerイメージのビルドを参照してください。
  3. [OK]をクリックしてパイプラインの作成を確定します。