パイプラインスクリプトの定義 - 7.2

Talendソフトウェア開発ライフサイクルベストプラクティスガイド

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Module
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend JobServer
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
デプロイメント
管理と監視

手順

  1. JenkinsのTalend_Pipeline設定を開きます。
  2. [Pipeline] (パイプライン) > [Definition] (定義)リストで[Pipeline script] (パイプラインスクリプト)を選択します。
  3. [Script] (スクリプト)エディターでパイプラインの手順を定義します。

    オペレーティングシステムに応じて、このページの左パネルにある[Downloads] (ダウンロード)タブからjenkins-pipeline-windows.groovyファイルまたはjenkins-pipeline-linux.groovyファイルを取得します。

    オペレーティングシステムに応じて、このページのオンライン版(https://help.talend.com/)の[Downloads] (ダウンロード)タブからjenkins-pipeline-windows.groovyファイルまたはjenkins-pipeline-linux.groovyファイルを取得します。

    警告: ここに挙げたGroovyスクリプトは単なる例であり、使用する前にお使いの環境に合わせて編集する必要があります。事前定義されたMavenコマンドとオプションが含まれていますので、デプロイのニーズに合わせてカスタマイズしてお使いください。