AzureでHDInsightクラスターを作成する - 7.2

Sparkバッチ

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > ジョブデザイン > ジョブフレームワーク > Sparkバッチ
Azureアカウントにログインして、使用するHDInsightクラスターを作成します。

始める前に

  • HDInsightサービスに対する適切な権限とアクセス許可を持つAzureアカウントを持っていること。

手順

  1. Azureポータルに移動します: https://portal.azure.com/
  2. Azureウェルカムページの左側のメニューバーで[All services] (すべてのサービス)をクリックします。
  3. [Analytics] (分析)セクションで[HDInsight clusters] (HDInsightクラスター)をクリックして、対応するブレードを開きます。
  4. [Add] (追加)をクリックしてHDInsightクラスターを作成します。
  5. [Quick Create] (クイック作成)をクリックして[Basics] (基本)ブレードを表示し、このブレードの基本設定情報を入力します。
    パラメーターの中で、使用する[Cluster type] (クラスタータイプ)は、Talendによって公式にサポートされているものである必要があります。たとえば、Spark 2.1.0 (HDI 3.6)を選択します。

    サポートされているバージョンの詳細は、ジョブでサポートされているビッグデータプラットフォームプラットフォームのディストリビューションバージョンを参照してください。

    サポートされているバージョンの詳細は、Talend Help Center (https://help.talend.com)でサポートされているビッグデータプラットフォームを検索してください。

    このブレードのパラメーターについては、AzureのドキュメンテーションからCreate clustersを参照してください。

  6. [Next] (次へ)をクリックして[Storage] (ストレージ)ブレードを開き、クラスターのストレージ設定を定義します。
    1. [Primary storage type] (プライマリーストレージタイプ)リストから[Azure Storage] (Azureストレージ)を選択します。
    2. 使用するストレージアカウントについて、[My subscriptions] (マイサブスクリプション)ラジオボタンを選択し、[Select a storage account] (ストレージアカウントの選択)をクリックして、表示されるブレードから使用するアカウントを選択します。
    3. その他のパラメーターについては、デフォルト値をそのまま使用するか、目的の値を入力します。
  7. [Next] (次へ)をクリックして[Summary] (要約)ステップに進みます。このステップでは、前のステップで行った設定を確認して確定します。
  8. 設定を確認したら、[Create] (作成)をクリックします。

タスクの結果

Azureがクラスターの作成を開始します。完了すると、クラスターが[HDInsight clusters] (HDInsightクラスター)リストに表示されます。