コンポーネントと接続を設定する - 7.2

Splitter (メディエーション)

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > Splitterコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > Splitterコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > Splitterコンポーネント(メディエーション)

手順

  1. appendAggregatorという名前のcBeanRegisterコンポーネントをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. Idフィールドに"appendAggregator"と入力します。[Simple] (シンプル)オプションを選択し、[Class Name] (クラス名)フィールドに事前定義されたJava Beanの名前(このシナリオではbeans.AppendAggregator)を入力します。これは後でcSplitterコンポーネントによって呼び出されます。
  3. Starterという名前のcTimerコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  4. [Repeat] (繰り返し)フィールドに1を入力して、メッセージ交換をトリガーします。その他のオプションはデフォルト設定のままにしておきます。
  5. Set_bodyという名前のcSetbodyコンポーネントをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  6. [Language] (言語)リストでSIMPLEを選択し、[Expression] (式)フィールドにメッセージボディとして"thing1, thing2, thing3"と入力します。
  7. Set_new_bodyという名前のcSetbodyコンポーネントを同様に設定し、新しいボディをサブメッセージに設定します。[Expression] (式)フィールドに*** SPLIT: ${body}と入力して、古いメッセージボディの前に*** SPLIT: を追加します。
  8. cSplitterコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  9. このユースケースでは、区切りに,を使ってメッセージボディをサブメッセージに分割します。
    [Language] (言語)リストでSimpleを選択し、[Expression] (式)フィールドに${body}と入力します。
    [Use Strategy] (戦略を使用)チェックボックスをオンにします。[Strategy] (戦略)フィールドに、事前登録されたJava Bean appendAggregatorのIDを入力します。これは、サブメッセージからの応答を集約するために使われます。
  10. directA_senderという名前のcDirectコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  11. [...]をクリックして、サブメッセージを受信するためにdirectA_receiverノードを選択します。
  12. directA_receiverという名前のcDirectコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  13. [Name] (名前)フィールドに"directA"と入力して、このエンドポイントを識別します。
  14. Log_FinishedおよびLog_Splitという名前のcLogコンポーネントのデフォルト設定を保持します。Log_Finishedは、サブメッセージから集約された返信をログに記録します。Log_Splitはサブメッセージを記録します。
  15. [Ctrl] + [S]を押してジョブを保存します。